\消費者金融おすすめ1位/

トップページ

「急な出費でお金がない!」
「今すぐお金借りたい!」
「審査に通るか不安…」


当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど、審査が不安で自信がないという方に今すぐ借りれる大手の消費者金融をご案内します。

\今すぐお金借りるなら/
【消費者金裕.shop】

<24時間365日申込OK! スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

最短30分審査で即日融資
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれる(24時間、土日も即日振込が可能です。)
    ※金融機関・お申込時間帯によっては利用できない場合があります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とお悩みの方へ。【消費者金裕.shop】がご紹介する消費者金融でお借り入れしたいなら、ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

【消費者金裕.shop】コラム

キャッシングは曜日に関係なく利用できます。

消費者金融はサービス業としての側面が強いので、カレンダー通りに動くわけではありません。

年末年始は休むところも多いですが、多くの業者が毎日午前9時から午後9時まで営業しています。

言うまでもありませんが、この時間は借入の申込も可能ですから、休日であろうと、時間帯によっては、すぐに融資してもらえるでしょう。

お金が必要になると、目先の支払いに焦って消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。

ただ、生活に必要な住居費・光熱費・食費等や、就労に必要な面接費や当座の交通費等であれば、社会福祉協議会(通称は社協)を訪ねてみるのもありだと思います。

1.5?3.0%という低い金利で融資が受けられます。

生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。

また、連帯保証人がいれば無利子になるのも、他にはない特徴だと思います。

民間融資と公的融資。

どちらもよく調べて、最適な判断をしてください。

キャッシングには利用できる限度というものがあって、それはその人の収入に応じて決まっているのが、最も多いケースです。

そのため、収入があればある程、上限枠が大きくなり、たくさんの借入れを借入れすることが出来るのです。

でも、各企業により、その基準の決め方が異なるので、気をつけた方がいいでしょう。

キャッシングの借り換えをするときは、まず低金利かどうかを確認することが必要です。

銀行系のキャッシングは低金利なことが多いのですが、審査が通りにくいうえに審査の結果がわかるのも遅いのが難点です。

他にも元々借り入れている先のローンが低金利だった時、審査も通りにくくなりますので、気をつけて借り換えるようにしましょう。

運転免許証さえあれば、すぐにキャッシングの申し込みができるので、急な出費の際には利用を考えてみてはいかがでしょうか。

ネットやATMから手続きをして融資を受けられるので、意外と多くの人が利用しています。

連帯保証人もいらず、たとえ、貸付金を遊興費に使っても問題ありません。

ですから、人に頭を下げて融資をお願いするよりもメリットがあると考える人が多いです。

とても便利なので、あくまで借金であって、返済義務があることを肝に銘じて活用しましょう。

キャッシングという物は短い期間の小口融資を意味する物ですがそれに対し、カードローンという物は長い期間の大口融資を意味するものといったところが一般的な視点から見た相違点です。

したがって、何かのご利用時には覚えておきたいキャッシングの世間的な決まり事として翌月・一括払いでの返済方法ですが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。

そのため、一般的に金利はカードローンの場合は高くなりがちです。

お金を借りるためには審査があって、それを通過しないと借金する事は可能になりません。

各々の消費者金融で審査の基準は異なるので一概にどのような事に神経を注げばパスしやすいかというのは言えませんが、収入がとても関係しています。

キャッシング経験が無い場合でも、事故歴があると見られるケースがあります。

どのような場合にそうなるのかというと、普段使っている携帯電話やクレジットカードの支払いに間に合わないと、未納として事故扱いになります。

こうした事故歴は全て信用情報機関に残され、消えるまで最低でも5年はかかります。

ですので、はるか昔に一度滞納したことが要因になってローンやキャッシングサービスの審査が厳しくなってしまったということも多いです。

さまざまな料金支払いは、面倒になってつい後回しにしがちです。

でも、うっかり滞納したりすると、必要な時に融資が受けられなくなる可能性も有ります。

そうならないように、返済は絶対に期限を厳守するようにしてください。

クレジットカードを作る際にキャッシング枠の存在を疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

これはその名の通り現金を貸してもらえるサービスです。

利用を希望する場合、申請用紙のキャッシング枠に貸付額を記入します。

ですが、限度額がその通りになるのかは分かりませんし、場合によってはキャッシング枠そのものが付かないケースもあります。

法律で定められた総量規制があるので、キャッシング枠が設定されないこともあるでしょう。

それに、比べてみると金融機関が提供しているキャッシングサービスより、クレジット会社のキャッシング枠の方が高金利です。

利便性が高いのはクレジットカードのキャッシング枠でしょう。

ですが、それぞれメリットとデメリットがありますから、さまざまな業者の提供しているサービスも視野に入れ、比較検討してからご自身のニーズに沿ったサービスを選ぶようにしましょう。

実際にキャッシングを利用した時、どのように融資を受け取るのでしょうか。

一般的には、キャッシング業者から発行されたカードで最寄りのATMから貸付金を引き出すというやり方です。

また、パソコンやスマートフォンから銀行口座に融資を入れてもらえるよう申し込んで、その後、口座から引き出すというやり方も、よく利用されている方法です。

ネットを使えば、ネット環境さえあれば専用のカードも必要ありませんから、出先で急にお金が必要になった場合には使うことができます。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です(消費者金裕.shop調べ)。 正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

\おすすめ1位のプロミス/
【消費者金裕.shop】