\消費者金融おすすめ1位/

トップページ > 東京都

「消費者金融でお金を借りたいけど審査厳しいかどうか不安!」
「お金ない!給料日までもたない!」

とお悩みの人に!東京都の消費者金融で今すぐのお借り入れをご検討中の方に、今すぐお金を借りれる即日キャッシング可能な人気の業者をご紹介しています。消費者金融は審査甘い?厳しい?大手の消費者金融なら即日融資・即日審査に対応していて安心・安全です!(※最短1時間融資)

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
消費者金融おすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があれば24時間最短1分で振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます
    平日24時間、土日も銀行口座振り込み可能※金融機関・お申し込みの時間帯によってはご利用いただけないことがあります。
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とお悩みの方へ。消費者金融でお借り入れしたいなら、ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。
ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。



クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。
これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。


無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。



審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融カードローンの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、消費者金融カードローンの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。



わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力に関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

一般的に消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。消費者金融カードローンの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1200万円と高額です。


(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融カードローンは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。消費者金融の借入れ条件やデータというものはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。


各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。


さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。
また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

東京都の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス