\消費者金融おすすめ1位/

トップページ

「急な出費でお金がない!」
「消費者金融って大丈夫?」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど、審査が不安で自信がないという方に今すぐ借りれる大手の消費者金融をご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
消費者金融おすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があれば24時間最短1分で振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とお悩みの方へ。消費者金融でお借り入れしたいなら、ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

消費者金融カードローンの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。
カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。



特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。
消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表にして比較しやすく表示してくれるサイトもあります。
各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。


金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。


とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。通常、消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融カードローンの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1

200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融カードローンの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。



又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。


借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。


住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。



一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。
何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス