\消費者金融おすすめ1位/

トップページ

「急な出費でお金がない!」
「消費者金融って大丈夫?」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど、審査が不安で自信がないという方に今すぐ借りれる大手の消費者金融をご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
消費者金融おすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があれば24時間最短1分で振込
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「会社にバレたくない」「知り合いにバレたくない」とお悩みの方へ。消費者金融でお借り入れしたいなら、ネット審査は誰にも見られずに申し込みができます。郵送物なしにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

借り入れの基礎知識コラム

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行法とは異なる法律の適用を受けます。
貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制はありません。通常、消費者金融カードローンの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。消費者金融カードローンの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1200万円と高額です。



ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融カードローンの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。



カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。



無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。
審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等のカメラで撮影しアップして申請は完了です。


消費者金融カードローンと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。消費者金融カードローンの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。
まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者といい、どの消費者金融でも融資を受けることは難しいでしょう。
各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを利用するのが便利です。
消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。
消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融を初めて利用するという人でも、簡単に比較することができるのでとても便利です。しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス